看板デザインや看板のご紹介サイトです。

看板design.com

看板の歴史

日本の看板の歴史はとても古く、なんと法律で定められていたそうです。「大宝律令」701年の中には、「都で毎月開く市には、商品を標識で示すこと」といった法律の記述が見られます。

大宝律令とは?

大宝律令とは、飛鳥時代の701年に制定された律令政治の基本法です。文武天皇の命令で、刑部新王・藤原不比等らが中国の唐の法律を参考にしながら、日本の実情に合うように編集しました。律6巻、令11巻です。

日本で残っている一番古い看板は、お菓子屋さん「虎屋文庫蔵」の御饅頭所の衝立看板と言われているようです。時代でいうと鎌倉時代です。その頃から、お店で扱っている商品やサービスを分かりやすく表現した絵馬のような看板が登場しました。今風に言ったら「イラスト看板」のようなものです。

寛文年間(1661~1672)頃から文字看板が登場し盛んになりました。その頃は、篆刻・版木・看板師が一緒でしたが、江戸末期ごろからそれぞれが分化し専門化していきました。

平安期には暖簾が使用され、鎌倉末期には目簡→簡板→鏡板が使用されるようになりました。この頃には絵だけではなく文字による屋号がかかれるようになり、看板的性格顕著になってきます。安土桃山時代末期~江戸時代から看せるための板ということで看板として定着していったと考えられています。それ以前は”鑑板”の文字もあてられていました。

看板の文字は凹に彫り、印鑑・版木は凸に彫っていました。看板彫刻の技法は「薬研(やげん)彫り」といって、文字自体をV字型に彫るのが主技法です。「薬研」の語源は、漢方薬などを粉にする舟形の器の形状からきているようです。

このように看板の歴史を振り返ってみると、商品を看板の代わりに飾ったり、商品と同じ形にした看板が非常に多いと感じます。また、文字のみの看板はあまりなくて絵や図が彫ってあることが多いようにも思います。歴史的には絵 or 形状 + 文字の組み合わせが王道かもしれません。

江戸時代になると、洒落や語呂合わせなどの言葉遊びを活かした看板や、「看板娘」「看板を降ろす」などの現代にも使われている言葉も多く生まれました。看板は、工芸・書画に、商魂たくましい、商人の洒落が融合した、素晴らしい日本文化だと思います。

おすすめWEBサイト 5選


白木 汚れ落とし


創業融資でサポートしてくれる会社を掲載しています


福岡の写真スタジオランキングを掲載中です


最終更新日:2021/1/21