看板デザインや看板のご紹介サイトです。

看板design.com

看板の効力

みなさんは看板についてどのように考えていますか?大半は『告知としての設備』ではないでようか?一昔前であれば、店名・電話番号・住所や簡単な紹介等のコメントだけで十分だったと思います。実際のところ殆どの看板がそうだったと思います。看板には移動しないという性格から、看板の効果を与えることが出来ます。

上の看板を比べて見てください。

どちらの看板に目を惹かれますか?おそらく大体の方は、左の看板だと思いますが、その理由は右の看板よりも派手だから、イラストがあるから、字がおおきいからなどの理由が挙げられます。

今は、両方の画像とも画面の前でゆっくり見れますが、例えば、街を歩いていて上の2つのような看板があったとしましょう。右の看板はたくさんの項目があって、どんなメニューがあるのかということがよく分かります。でも、歩いている人、ましてや車に乗っている人がそこまで見ることができるかといえば疑問ですよね。通り過ぎるわずかな時間内で右の項目の内容を全て見ることは困難ですし、あるいは、見ようともしないか、目に入らないでしょう。

移動している人とってはそこに喫茶店があるということをなるべく直感的に知らせる、知ってもらうことの方が大切となります。その看板が印象に残っていれば、「あそこに喫茶店があった」と思い出すこともできますよね。これが看板の性格を活かした効果の1つとなります。そのためには当然、目に付きやすい場所に設置したり、デザイン面での工夫も必要になります。

右の看板はメニューの案内として店内やショーウインドに置いたりした方が良いでしょう。人が集まる駅のホーム等ならゆっくりと見てもらえるでしょう。

左の看板と右の看板のどちらが優れているか、派手だから、ということではなく、場所や、状況よって看板の形態や内容は異なってくるものです。実際に目にする看板はそのようになっていることが多いということに気が付かれでしょう。

では、看板が移動しないという性格を長所として捉えた場合の考え方です。逆に短所として捉えた場合を考えてみましょう。

よく電信柱に看板が取り付けられてあるのを目にされたことがありますよね。1本の電柱だけではなく、道路沿いに立っている電柱1本1本に同じ内容の看板が取り付けられていることがあります。これは移動している人間に対して常に目に入るように仕掛けたもので、連続的な効果によって人間にその看板の内容を刷り込むことを1つの目的とされているようです。

このような方法はかなりの宣伝効果が望めますが、反面、広告特有のうっとうしさ、不快感、圧迫感等を非常に感じさせやすいものであり、周囲の景観をも壊しかねないものです。やはり、短所を補おうとすると、それなりの弊害が付いてきます。

Valuable information


石垣でダイビング




Last update:2021/7/1